import "syslog"

syslogパッケージは、システムログサービスへのシンプルなインタフェースを提供します。このパッケージはUNIXドメインソケット、UDP、TCP接続を使用してsyslogデーモンにメッセージを送信できます。

パッケージファイル

syslog.go

NewLogger関数

func NewLogger(p Priority, flag int) *log.Logger

NewLoggerは、log.Loggerインタフェースを完全に実装していて、かつsyslogにメッセージを送信するオブジェクトを提供します。パラメータflagはLoggerにそのまま渡されます。指定した優先度はこのインタフェースを使って送信されるすべてのメッセージに対して使用されます。すべてのメッセージは優先度pとともに記録されます。

Priority型

type Priority int
const (
    // /usr/include/sys/syslog.hから。
    // これらはLinux、BSD、OS Xで同一。
    LOG_EMERG Priority = iota
    LOG_ALERT
    LOG_CRIT
    LOG_ERR
    LOG_WARNING
    LOG_NOTICE
    LOG_INFO
    LOG_DEBUG
)

Writer型

Writerは、syslogサーバとの接続です。

type Writer struct {
    // contains unexported fields
}

Dial関数

func Dial(network, raddr string, priority Priority, prefix string) (w *Writer, err os.Error)

Dialは、ネットワークnetwork上のアドレスraddrへ接続することによって、ログデーモンへの接続を確立します。返されたWriterへ書き込む度にpriorityとprefixとともにログメッセージを送信します。

New関数

func New(priority Priority, prefix string) (w *Writer, err os.Error)

New は、システムログデーモンへの新しい接続を確立します。返されたWriterへ書き込む度にpriorityとprefixとともにログメッセージを送信します。

(*Writer) Close関数

func (w *Writer) Close() os.Error

(*Writer) Crit関数

func (w *Writer) Crit(m string) (err os.Error)

Critは、優先度LOG_CRITを使ってメッセージを記録します。

(*Writer) Debug関数

func (w *Writer) Debug(m string) (err os.Error)

Debugは、優先度LOG_DEBUGを使ってメッセージを記録します。

(*Writer) Emerg関数

func (w *Writer) Emerg(m string) (err os.Error)

Emergは、優先度LOG_EMERGを使ってメッセージを記録します。

(*Writer) Err関数

func (w *Writer) Err(m string) (err os.Error)

Errログメセージには、優先度LOG_ERRが使われます。

(*Writer) Info関数

func (w *Writer) Info(m string) (err os.Error)

Infoは、優先度LOG_INFOを使ってメッセージを記録します。

(*Writer) Notice関数

func (w *Writer) Notice(m string) (err os.Error)

Noticeは、優先度LOG_NOTICEを使ってメッセージを記録します。

(*Writer) Warning関数

func (w *Writer) Warning(m string) (err os.Error)

Warningは、優先度LOG_WARNINGを使ってメッセージを記録します。

(*Writer) Write関数

func (w *Writer) Write(b []byte) (int, os.Error)

Writeは、syslogデーモンにログメッセージを送信します。