Skip to content
Go言語とは、Googleが開発した新しいプログラミング言語です。
当サイトではこの新しい言語についての情報を集約していきます。
このサイトの更新が滞っており、情報が古くなっておりますのでご注意ください。

Goプログラミング言語仕様」の翻訳を更新しました。
バージョンは、Version of March 3, 2011です。

今回は、特筆すべき変更点はありません。

Goプログラミング言語仕様」の翻訳を更新しました。
バージョンは、February 1, 2011です。

チャネル周りが大きく変更されています。

まず、チャネルの非ブロック通信がなくなりました。チャネルの送受信でブロックさせたくないときは、下の例のようにselectステートメントを使用するように書き直す必要があります。

非ブロック送信の例
【old】
	if ch <- v {
		// sent
	} else {
		// not sent
	}

【new】
	select {
	case ch <- v:
		// sent
	default:
		// not sent
	}

非ブロック受信の例
【old】
	v, ok := <-ch
	if ok {
		// received
	} else {
		// not received
	}

【new】
	select {
	case v := <-ch:
		// received
	default:
		// not received
	}


それ以外にも、クローズ済みのチャネルに送信するとパニックを起こすようになっているので注意が必要です。

Goプログラミング言語仕様」の翻訳を更新しました。
バージョンは、January 18, 2011です。

float型、complex型がなくなり、それぞれfloat32やcomplex64のように、サイズを明示しなければならなくなりました。
また、組み込み関数cmplxは、complexへ名前が変更となりました。

この変更に関連して、実践Go言語FAQも更新しました。

新たに「Codelab: Webアプリケーションを書いてみよう」を翻訳しました。
原文「Codelab: Writing Web Applications

新たに追加になったパッケージを含め、すべての「パッケージドキュメント」の翻訳を最新にしました。