このドキュメントはhttp://golang.org/doc/installの翻訳です。


はじめに

Go言語は BSD-style licenseで提供されているオープンソースプロジェクトです。Go言語の公式コンパイラツール群は2つあり、ひとつは「gc Go言語コンパイラ」、もうひとつはGNUコンパイラコレクション(GCC)の一部である「gccgoコンパイラ」です。

2つあるコンパイラのうち、gcコンパイラの方がより完成されていてテストも十分にされています。このページではgcコンパイラのバイナリ配布版のインストールについて解説します。

gcコンパイラをプログラムソースからインストールする方法についてはソースからのGo言語インストールを参照ください。gccgoのインストール方法についてはSetting up and using gccgoを参照ください。

システム要件

gcコンパイラは以下のオペレーティングシステムおよびアーキテクチャをサポートしています。インストールを進める前にこれら要件を満たしているか確認ください。使用しているOSまたはアーキテクチャがこのリストになくても、gccgoでサポートしている可能性があります。詳細はSetting up and using gccgo(未訳)を参照ください。

オペレーティングシステム アーキテクチャ 備考
FreeBSD 7 or later amd64, 386 Debian GNU/kFreeBSDは未サポート
Linux 2.6.23 or later with glibc amd64, 386, arm CentOS/RHEL 5.x は未サポート; ARMのバイナリ版はまだない
Mac OS X 10.6/10.7 amd64, 386 Xcodeのgccを使用ください
Windows 2000 or later amd64, 386 mingw gccを使用ください; cygwinおよびmsysは不要

gcccgo(未訳)を使用する場合のみ必要です。

Go言語ツールのダウンロード

Go project’s downloads pageから使用しているオペレーティングシステムおよびCPUのアーキテクチャに合ったバイナリを選んでください。

公式で配布されているバイナリは、オペレーティングシステムではFreeBSD、Linux、Mac OS X (Snow Leopard/Lion)、Windowsです。CPUアーキテクチャは32-bit(386)と64-bit(amd64)のx86です。

使用しているオペレーティングシステムおよびCPUアーキテクチャとの組み合わせのバイナリが配布されていないときは、プログラムソースからインストールするか、gcの代わりにgccgoをインストールしてみてください。

Go言語ツールのインストール

配布されているGo言語のバイナリは、/usr/local/go(Windowsの場合は、c:\Go)へインストールされることを前提としていますが、ほかの場所にインストールすることも可能です。その場合、使用するGo言語ツールのディレクトリを環境変数GOROOTに設定する必要があります。

例えば、ホームディレクトリにGo言語をインストールしたときは、下のコマンドを$HOME/.profilに追加してください。

export GOROOT=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOROOT/bin

Windowsを使っている方は、Windowsにおける環境変数の設定方法のセクションを読んでください。

FreeBSDおよびLinux

FreeBSDとLinuxでGo言語を古いバージョンからアップグレードするときは、まず/usr/local/goに在る以前のバージョンを削除する必要があります。

rm -r /usr/local/go

圧縮ファイル/usr/localに解凍し、Go言語のディレクトリツリーを作成します。

tar -C /usr/local -xzf go.release.go1.tar.gz

(通常、これらのコマンドはrootとして実行するか、sudo経由で実行します。)

次に/usr/local/go/binを環境変数PATH に加えます。この行は/etc/profile(システム全体にインストールする場合)または$HOME/.profileに追加してもよいでしょう。

export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

Mac OS X

パッケージファイルを開き、画面表示に従ってGo言語ツールのインストールを行います。Go言語は/usr/local/goにインストールされます。

パッケージは環境変数PATH/usr/local/go/binディレクトリを設定します。開いているターミナルセッションがあれば、環境変数の変更を反映させるために開きなおす必要があります。

Windows

Go言語プロジェクトではWindowsユーザ向けに2つのインストールオプション(プログラムソースからのインストールとは別に)を用意しました。zip圧縮ファイル版を使用したときは環境変数の設定が必要ですが、試験的に提供しているMSIインストーラ版を使用したときは設定は自動的に行われます。

Zip圧縮ファイル版

インストールしたいディレクトリ(c:\Goを推奨)にzipファイルを解凍します。

c:\Go以外のディレクトリにインストールしたときは、環境変数GOROOTにインストールしたパスを設定する必要があります。

Go言語のルートディレクトリ下のbinサブディレクトリ(例: c:\Go\bin)を環境変数PATHに設定してください。

MSIインストーラ (試験中)

MSIファイルを開き、画面表示に従ってGo言語ツールのインストールを行います。デフォルトではc:\Goにインストールを行います。

このインストーラは c:\Go\binディレクトリを環境変数PATHに設定します。開いているコマンドプロンプトがあれば、環境変数の変更を反映させるために開きなおす必要があります。

Windowsにおける環境変数の設定方法

Windowsではコントロールパネルの「システム」の「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンから環境変数を設定します。Windowsのバージョンによってはコントロールパネルの「システム」内に「システムの詳細設定」オプションがあります。

インストールの確認

次の手順で簡単なプログラムのビルドを行い、正しくGo言語がインストールされたか確認します。

hello.goという名前のファイルを作成し、下のプログラムを記述します。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}

次に、go ツールを使って実行します。

$ go run hello.go
hello, world

「hello, world」というメッセージが表示されれば、Go言語のインストールは成功です。

次にすべきこと

A Tour of Goを開始してください。

ビルドプロセスおよびGo言語のプログラムのテストについての詳細はHow to Write Go Codeを読んでください。

Wiki Tutorialを読んでウェブアプリケーションを作成してみてください。

Goの慣習的な書き方について学ぶには実践Go言語を読んでください。

全体については、Go言語の様々なドキュメントを参考にしてください。

Go言語の安定バージョンが新たにリリースされたときに通知を受けたいときは、golang-announcメーリングリストを購読してください。

コミュニティリソース

即時サポートは、ユーザや開発者が集うFreenodeIRCサーバの #go-nutsチャネルにて。

Go言語の公式ディスカッション用メーリングリストはGo Nutsです。

バグの報告はGo issue trackerを利用ください。