このドキュメントは、http://golang.org/doc/devel/roadmap.htmlの翻訳です。


Goロードマップ
言語のロードマップ
実装のロードマップ
実装済

Goロードマップ

このページでは、Goチームにより開発・検討中の機能およびアイデアをリストしています。このリストは作業の継続とともに更新していきます。

このロードマップは、golang-nutsメーリングリスト上で検討されなければなりません。

言語のロードマップ

これは、言語に対して検討されている変更箇所のリストです。ここでリストされていても、変更が正式に受諾されることを保証するものではありません。

  • 変数宣言をまたいだときのgotoの制約を修正する予定である。
  • バリアント型。複数の型のセットを結合(union)し、ひとつの型として定義する方法。
  • ジェネリック。これは活発に議論されている話題である。
  • 演算子用メソッドを導入し、計算式に型を使えるようにする。
  • 多分、トップレベルパッケージにmain以外に名前を使えるようになる。

実装のロードマップ

  • ガーベージコレクションの改善。
  • デバッガ。
  • 実装関連のドキュメントの改善。

gcコンパイラのロードマップ

  • goto制約の実装。
  • 最適化の改善。
  • データをできるだけスタック上に置くためにエスケープ解析を使用する。

gccgoコンパイラのロードマップ

  • goto制約の実装。
  • スレッドの代わりにゴルーチンを使用する。
  • gccインタフェースをフロントエンドから切り離す。
  • データをできるだけスタック上に置くためにエスケープ解析を使用する。

ツールのロードマップ

  • goinstallを強化し、ほぼ全てのビルドにおいてmakeの代用となるように。

パッケージのロードマップ

  • RE2のように、より高速な正規表現ライブラリ。
  • テキストの国際化のための包括的サポート。
  • 国際的な日付、時間等のサポート。
  • 多言語メッセージのサポート。

実装済

  • gc: DWARFデバッグ情報の生成。
  • gc: ランタイム機能によるgdbのサポート。
  • セーフコンパイルモード:「import "unsafe"」を使用しない限り、無効なメモリアドレスを得ないことを保証するコードを生成する。
  • Gccgo: ガベージコレクション。
  • SWIGのサポート。
  • セミコロンのルールの簡素化。
  • パラメータリスト内の...を、より汎用的に変更。
  • stringから、[]byteおよび[]intへの明示的な変換。
  • アイテムの開放時に、ガベージコレクタによって実行される関数。(runtime.SetFinalizer)
  • 連続ビルドおよびベンチマーク用基盤。(gobuilder).
  • パッケージマネージャ。(goinstall)
  • パニックから回復する手段。(recover)
  • 5g: 浮動小数のサポートの改善。
  • CGO(C言語からGo言語を呼び出す機構などを含む)の改善。
  • アロケーションの高速化。
  • Google App Engineのサポート。