実践Go言語(Effective Go)の翻訳、6回目です。
前回までの訳は実践Go言語[日本語訳]にまとめてあります。


関数

複数の戻り値

Go言語の目新しい特徴のひとつは、関数およびメソッドが複数の値を返せることです。これは、C言語のプログラムで扱いにくかった、受信エラー(EOFを表す-1など)や引数の値の変更などを改善します。

C言語で書き込みエラーが起きたときは、マイナス値を返すことにより通知され、共用の変数にエラーコードが格納されます。Go言語ではWriteは書き込みデータ数とエラーを別々に返すことができます。つまり次のような情報を得ることができます。「何バイトか書き込めましたが、デバイスが一杯になったので一部書き込めませんでした。」

osパッケージの*File.Writeのシグネチャは次のように定義されています。

func (file *File) Write(b []byte) (n int, err Error)

シグネチャが示すとおりに、このメソッドは書き込んだバイト数を返すとともに、n != len(b)のとき非nilのErrorを返します。これは一般的な書き方です。その他の例は、エラーハンドリングに関するセクションを参照ください。

同様のアプローチにより、戻り値に参照パラメータを模してポインタを返す必要がなくなります。次の関数は、バイト配列の指定位置から数値を取り出し、その値と次の位置を返す単純な関数です。

func nextInt(b []byte, i int) (int, int) {
    for ; i < len(b) && !isDigit(b[i]); i++ {
    }
    x := 0
    for ; i < len(b) && isDigit(b[i]); i++ {
        x = x*10 + int(b[i])-'0'
    }
    return x, i
}

この関数は次のようにして、入力配列から数値を取り出すために利用できます。

    for i := 0; i < len(a); {
        x, i = nextInt(a, i)
        fmt.Println(x)
    }

名前付き結果パラメータ

Go言語の、戻り/結果「パラメータ」には、名前をつけることができ、引数パラメータのように通常の変数として扱うことができます。名前が付けられていると、関数が呼び出されたときにその型のゼロ値で初期化されます。引数を持たないreturnステートメントを実行したときは、その時点で結果パラメータに格納されている値が、戻り値として使われます。

名前は必ずしも必要ではありませんが、名前をつけることでコードをより簡潔にすることができます。これは資料としても役立ちます。前出のnextInt関数の結果パラメータに名前を付けると、返されたint値がそれぞれ何を示しているか明確になります。

func nextInt(b []byte, pos int) (value, nextPos int) {

名前付きの結果パラメータは、初期化が行われた上で、パラメータなしのreturnと結びつけられるので、明確になるだけでなくシンプルになります。下は、この仕組みをうまく使ったio.ReadFullの例です。

func ReadFull(r Reader, buf []byte) (n int, err os.Error) {
    for len(buf) > 0 && err == nil {
        var nr int
        nr, err = r.Read(buf)
        n += nr
        buf = buf[nr:len(buf)]
    }
    return
}